ホーム > 協会の概要

協会の概要

NPO法人 日本洞穴探検協会

NPO法人 日本洞穴探検協会は1973年3月、安家石灰洞穴群の未知を解明するために設立された組織『The Akka Society』が母体です。その後、海外遠征が行われるようになり名称を『Japan Cavers Club=JCC 』、『Japan Cavers Club II=JCC II』を経て現在の名称になりました。1992年から日本で一番長い鍾乳洞安家洞の探検と測量が行われ2003年平面図縦断面図が完成しました。この図面を産業技術総合研究所丸井敦尚研究室では2年余を費やしデジタル化を進め2006年5月日本地下水学会春季講演会で発表されました。安家洞総延長23,700m。

協会の年表

1972年

第2次安家石灰洞穴群探検 総隊長山内浩(初代日本ケイビング協会会長・愛媛大学教授)秋田大学ケイビング部・岩手高校ケイビングクラブ・岩手大学ケイビングクラブ・愛媛大学学術探検部・こうもり会・明治大学探検部・桃ノ木アカデミックケイビングクラブ・盛岡グアノ会・立教大学探検部・立命館大学探検部による混成隊。内間木洞 3300m(日本第2位当時)となる。内間木洞平面図、縦断面図作成、内間木ケイブシステム水系調査、北部安家石灰岩層地質図作成(船木實)

1973年

安家石灰岩採掘反対・安家洞保存運動を日本ケイビング協会と協力し全国展開。福島県、あぶくま洞東本洞・あぶくま洞奥本洞発見(旧名:大滝根洞 L菊池正志)

1974年

韓国洞穴調査(L横田良介) 第1次南アメリカ洞穴探検(ブラジル、L岸本和明)

1975年

第4次安家石灰洞穴群探検 総隊長上野俊一(国立科学博物館)主催:Japan Cavers Club・岩泉町立日本洞穴学研究所共催:日本大学探検部・千葉大学探検部・立教大学探検部・東京農業大学探検部・駒澤大学ケイビングクラブ・立命館大学探検部 大穴1500m相良八郎穴1000m 平面図作成(山田博明)年々ケイブシステム水系調査

1976年

山口県、鷹が穴 4500m(日本第2位当時-山田博明)平面図作成 福島県、あぶくま洞→大滝根洞連結(L菊池洋道)平面縦断面図作成 2800m+α。(山田博明) 新潟県、日本最深の縦穴白蓮洞での事故へ救助隊派遣。

1977年

福島県、鬼穴から深さ51mであぶくま洞東本洞連結(L溝淵三郎) 米国、コロンビア・エクアドル・ペルー、第2次南アメリカ洞穴探検(総隊長山内浩・初代日本ケイビング協会会長・愛媛大学教授)

1980年

中国、第1次中国洞穴参観団(団長上野俊一国立科学博物館・西側から初の洞穴訪中団 東京都、日原三叉洞 3200m(山田博明)平面図作成

1982年

第2次中国洞穴参観団(団長 長谷川善和-横浜国立大学教授) 熊本県、球泉洞 4800m(日本第2位当時-山内正)平面図、縦断面図作成

1989年

マレーシア、洞穴調査(山内正)

1992年

岩手県。第1次安家洞探検(L横田良介)安家洞21年振りに奥部探検開始

1994年

米国、国際洞穴学会洞穴潜水部門フルケイブダイバー訓練開始(神保幹夫)

1995年

福島県、あぶくま洞東本洞大多鬼丸ホール60m登攀 あぶくま洞環境保護調査団(溝淵三郎)

1996年

岩手県、第14次安家洞探検 総隊長長谷川善和(横浜国立大学名誉教授・群馬県立自然史博物館館長) 瞬華洞(国内最大級のシールド及びシールド群発見)

1997年

岩手県、第18次安家洞探検 山内新洞165m登攀(溝淵三郎)縦穴登攀の日本新記録更新

1998年

岩手県、第4次安家石灰洞穴群地底湖探検(L菊池正志、潜水Lラマールハイレス) 氷渡洞第6サンプ発見、新洞800m延長。氷渡洞総延長3700m+α 竜泉洞第4の壁、30年ぶりに潜水突破、第5ホール確認

2001年

岩手県、第22次安家洞探検、日本最長記録更新12700m。(L山内正)

2004年

福島県、あぶくま洞250分の1平面図、縦断面図完成。(山内正 3000m+α) あぶくま洞東本洞に生息するテングコウモリは環境省指定絶滅種と判明。 上記コウモリ保護のため鬼穴に扉を設置することを滝根町に提案、扉が設置された。 沖縄県、石垣島洞穴調査

2006年

名称をNPO法人 日本洞穴探検協会に変更した。東京都、日本地下水学会 春季講演会 丸井敦尚(産業技術総合研究所)・山内正(日本洞穴探検協会)「本邦最長の総延長距離を有する岩手県安家洞における本・支洞区分と地下水排水システム」(5月20日 東京大学)

連絡先

日本洞穴探検協会 東日本支部 事務局
〒027-0611 岩手県下閉伊郡岩泉町安家字松林119-2